トップ / この資格で起業します

起業の際に便利な資格

起業をする際に役に立つ資格は様々ありますが、例えば「税務会計能力検定」は起業した後、会社の税務会計をする際などに大変役立ちます。主に税の仕組みや会計処理に関するものなので、会社経営に必要不可欠な税務会計や、申告をする時に利用できます。この検定は、所得税法、法人税法、消費税法の3つに分かれており、それぞれ1級から3級まであります。試験は年に2回、すべて筆記で行われており、文章問題、仕訳問題、計算問題が出題されます。100点満点中70点以上で合格になります。合格率は級によっても異なりますが、60〜80%前後です。これに合格すると、資格が得られるという事になります。

空調整備

起業に必要なものとは

起業に必要な資格は厳密に言えばありません。しかし、難易度の高いものを持っていればやりやすいというのは事実です。例えば財務一般を自らできる公認会計士や、法的書類の作成も外注せずにできる司法書士など。飲食店であれば調理師免許、家具屋であればインテリアコーディネーターなど、必須では無くとも人材の採用基準を明確にするために取得しておくべきかもしれません。人事コンサルティングも多くの人材を抱えるなら役立ちます。資格があれば起業できるわけではありませんが、取得しておくことによってスムーズであるとは言えます。

資格の勉強法に纏る情報

© 正しく勉強して資格取得. All rights reserved.