トップ / 空調整備の仕事と資格

空調設備の工事に必要な資格は?

エアコンなどの空調設備の設置工事は「電気工事」に該当します。従って、この工事の執行管理の資格として「1・2級電気工事施工管理技士」が必要になるのはご存知でしょうか。特に、ここ最近は極端な暑さ、極端な寒さが続いていたことや、世の中的に節電効果が高い機器の見直し需要が高まったこともあって、空調設備の新調、を行う家庭は多く、電気工事の作業員不足が生じて、機器の販売や納品が完了しても設置自体まで待ちが生じるケースも世間では多かったようです。そういう意味では、電気工事施工管理技士の資格の需要は注目度が高いといえます。

空調整備

空調設備の仕事に就くために

空調設備の仕事を行うにあたって、取得しておきたい資格があります。それは、管工事施工管理技士です。しかし、これは、誰でも試験を受けて合格すれば取得できるというものではありません。何故なら、受験には実務経験が必要とされているからです。2級の場合でも最低で1年、1級の場合は最低で3年の実務経験が必要となります。その為、まずは実務経験を積む事が重要です。また、1級の資格を取得するとやっと監理技術者講習を受ける事が可能になります。監理技術者講習を受けると、監理技術者として働けるようになるので、空調設備の現場代理人になる事ができます。

資格の勉強法に纏る情報

© 正しく勉強して資格取得. All rights reserved.