トップ

資格の勉強の際に効果的な暗記法

資格の勉強の際に効果的な暗記法強する際に、どのようにすると覚えやすくなるのかについて解説していきます。まず、勉強する時間ですが、理解を必要とするものは、出来るだけ朝から晩までには終えておきましょう。なぜなら、寝る前には暗記しやすく、記憶の定着に良いと言われているからです。それに、理解した内容を寝る前に確認するとより効率的に記憶が定着します。次に、実際に資格の勉強で記憶をする時のコツについてです。重要なことを書き込む時には青色のペンにしましょう。なぜなら青色は覚えやすい色なのです。次に赤シートで大切なところは隠せるようにすることです。こうすることで、重要なところを見落とすことを防げます。

空調整備

勉強方法コツコツ型と暗記型

資格の勉強は、コツコツ型と暗記型とどちらがいいのでしょうか。それにはまず、過去に受験した人から出題傾向を聞くのがいいでしょう。過去問が公開されていれば、それを元に分析してみましょう。どこから何が出題されるか分からないようなもの、論文など応用力が問われるものは、とにかくコツコツやるしかありません。しかし、資格試験の中には毎年同じような問題が出るものや、IT系などの出題される問題が既に分かっているようなものもあります。そのような場合は合格するための手段と割り切って暗記で乗り切る方が良い場合もあります。どちらのタイプなのかをまずは見極めましょう。

資格の勉強法に纏る情報

新着情報

© 正しく勉強して資格取得. All rights reserved.